モロッコ雑
貨のカフェスアーヴビスへ

映画で見るモロッコ

映画で見るモロッコ

モロッコが舞台になった映画や国内で撮影された映画のロケ現場やみどころを添えてこれから紹介していきます。

概要

映画で見るモロッコ
映画スタジオ(CLA STUDIOS)の外観

日本ではまだまだ認知度は低いですが、モロッコでは沢山の映画が撮影されています。その数は100、200本とも言われています。2004年にはワルザザードに、映画スタジオ(CLA STUDIOS)が建設され、ワルザザードはハリウッドと友好都市を結んでいます。

モロッコで一番初めに撮影されたのは、フランスのリュミエール兄妹により1897年に製作された短編映画モロッコの騎士」と言われています。古い映画なので、現在では入手困難な映画です。それ以後、世界中の映画業界がモロッコに目をつけ多くの映画が撮影されてきました。

その大きな理由はモロッコが国を挙げて、映画撮影の誘致をしていることです。地下資源等の貧しいモロッコにとって、撮影による雇用と収入は貴重なものです。そのため、大掛かりな撮影も国からの全面的バックアップにより撮影が進められます。 以前、他国の映画の撮影でカサブランカ空港が使用された際、その国の空港に見せるよう舞台となる国の国旗が掲げてありました。ここまでするにはやはりモロッコ王国のバックアップが不可欠となります。

モロッコが舞台の映画もありますが、それ以上に物語の舞台が他の国の設定で、モロッコで撮影されたというものもたくさんあります。モロッコで撮影されていると知られてないものが多くあり、なかなかロケ地やシーンを見つけることが難しい映画も紹介します。

モロッコへ行ったことのある方は、どのシーンがどの街で撮影されたかをなどを探しながら、またこれからモロッコへ行かれる方は映画で下調べをして行くのもまた、楽しみが増えて面白いのではないでしょうか。

「ナイルの宝石」(1985年)
撮影地:アイト・ベン・ハドゥ、 映画の最後のほうでマイケル・ダグラスが小型の飛行機に乗って、ゲートを突き破って飛んでいくシーンがあります。このゲートは撮影の為に作られたのですが、今でも現地に行くと残っていて、元からある本物のカスバと上手く融合しています。

「グラディエーター」(2000年)
撮影地:アイト・ベン・ハドゥ
剣闘士となってラッセル・クロウがローマのコロッセオへ行く前に戦っていた、田舎の闘技場が撮影されました。ちょうどアイト・ベン・ハドゥの集落の脇に平地があって、そこに撮影用の闘技場を作って撮影したようですが、撮影後はきれいに壊され、跡形もありません。

「ハムナプトラ」(1999年)・「ハムナプトラ2」(2001年)
撮影地:ワルザザード、エルフード
ワルザザードのホテル「ベルベルパレス」へ行くと、撮影時に使われた像などを見ることが出来ます。

「シェルタリングスカイ」(1990年)
撮影地:ワルザザードのタウリルトカスバ、タンジェ
ある倦怠期をむかえた夫婦がアフリカ旅行へ出かけるという内容で、その舞台となるのがワルザザードです。ちなみに坂本龍一が音楽を担当しています。

「グッバイ・モロッコ」(1998年)
撮影地:マラケシュ、その他
ロンドンからシングルマザーの主人公が子供とモロッコに来て初めて住み着くのがマラケシュです。モロッコ人の生活を垣間見ることができます。

「007リビング・デイライツ」(1987年)
撮影地:タンジェ、ワルザザード
映画の中盤以降の舞台がタンジェとなっています。また、アフガニスタンのシーンは実はワルザザードでの撮影です。

「パットン大戦車軍団」(1970年)
撮影地:サハラ地方
第2次世界大戦時に活躍したパットン少将がモロッコに上陸するところが撮影されています。
但し、全体的にモロッコのシーンはあまり長くありません。

「アラビアのロレンス」(1962年)
撮影地:アイト・ベン・ハドゥ、タウリルトカスバ
砂漠のシーンは主にヨルダンで撮影されたようですが、モロッコで撮影された部分もあるようです。

「サハラ−死の砂漠を脱出せよ」(2005年)
撮影地:エルフード
砂漠でのシーンが12週間かけてエルフードで撮影されたそうです。

「知りすぎていた男」(1955年)
撮影地:マラケシュ
米国人親子3人での家族旅行でカサブランカからマラケシュまで来て宿泊するのがホテル「ラ・マムーニア」です。

「バベル」(2007年)
撮影地:ドラア渓谷の村
映画ではタザリンという村の設定で実際にタザリンという村はありますが、実際はドラア渓谷のタゲンザルドと言うベルベル人の村で撮影されたそうです。ワルザザードからアグデズ経由でエルフードへ行く途中にそばを通ります。

多くの作品がモロッコで撮影されていますが、物語の舞台は違う国、というケースが多いようです。 そんな作品は以下の通り。

「スパイゲーム」(2001年)
撮影地:カサブランカ、ワルザザード
ベイルートの海岸でのシーンがカサブランカ、ベトナムのシーンがワルザザードです。モロッコを良く知っている人が見ると明らかに“モロッコ”です。

「ブラックホーク・ダウン」(2001年)
撮影地:ラバト周辺
内戦があっているソマリアのモガディシオと言う町の部分が撮影されています。
余談ですが、モロッコでこの映画が公開された時、映画の宣伝看板に「この映画はモロッコで撮影されました」と書いてありました。

「シリアナ」(2005年)
撮影地:カサブランカ
テヘランやベイルートのシーンがカサブランカで撮影されました。

「英雄の条件」(2000年)
撮影地:ワルザザード
米国大使館への襲撃を含むイエメンを舞台としたシーンが撮影されました。

「サハラに舞う羽根」(2002年)
撮影地:サハラ地方
スーダンの砂漠でという設定で戦闘シーン等が撮影されました。

「キングダム・オブ・ヘブン」(2005年)
撮影地:ワルザザード
エルサレムの中世の街は、ワルザザードの映画撮影スタジオに巨大セットを組んで撮影されました。

あと、おまけですが、古いけれど有名な映画に「カサブランカ」(1942年)があります。題名の通り、カサブランカが舞台となっているのですが、撮影は全てセットで行われた為、モロッコでは撮影されていません。しかし、映画にちなんで、カサブランカには「Rick’s Bar」と言うバーがあり、現在でも多くの観光客が訪れています。

これらの他にも「レジョネア」(1998年)、「モロッコへの道」(1942年)、「オセロ」(1942年)、「クンドゥン」(1997年)などなどたくさんあります。興味があれば一度ご覧下さい。

お申し込み・お問い合わせはこちら