モロッコ雑
貨のカフェスアーヴビスへ

おすすめコース

サハラおすすめコース

【サハラ2日間】〜時間のない方に〜
1日目 マラケシュ 〜 アイト・ベン・ハドゥ 〜 ザゴラ(砂漠テント泊)
2日目 ザゴラ 〜 マラケシュ

1 マラケシュを出発。ベルベル人の集落をみながらアトラス山脈を越え、一路、ザゴラへ。
途中、世界遺産アイト ベン ハドゥの近くで昼食を取り、見学。その後ザゴラへ              
ザゴラ到着後、ラクダに乗り換え砂漠にあるベルベル人テントへ。途中、サハラの夕日を見学。【テント泊】
2 早朝、サハラに上る朝日を見学、テントにて朝食。車でザゴラへ戻ります。
ザゴラでシャワーを浴びマラケシュへ向け出発。 【マラケシュ泊】

【サハラ3日間】〜スタンダードコース〜

1日目 マラケシュ 〜 アイト・ベン・八ドゥ 〜 ワルザザート(泊)
2日目 ワルザザート 〜 トドラ渓谷 〜 エルフード(泊)
3日目 エルフード 〜 メルズーガの砂丘で朝日鑑賞 〜 ミデルト 〜 フェズ 

1 マラケシュを出発。ベルベル人の集落をみながらアトラス山脈を越え、一路、ワルザザートへ。
途中、世界遺産アイト ベン ハドゥの近くで昼食を取り、見学。その後ワルザザートへ【ワルザザート泊】
2 ワルザザートよりエルフードへ向け出発 途中、カスバ街道を通り、トドラ渓谷にて昼食。
食後は、素晴らしい渓谷美を楽しみながら散策。エルフードに入り、サハラで取られた化石の工場など見学。【エルフード泊】
3 早朝、4輪駆動車にて、メルズーカ砂丘へ、サハラの朝日鑑賞。
( ご希望の方はラクダに乗って見学スポットへ。※別料金 )
ホテルに戻り朝食をとった後、フェズへ向け出発。ズィズ渓谷を通り、
昼食はりんごの栽培で有名なミデルトにて昼食。
午後は一路フェズへ。途中「モロッコのスイス」と呼ばれる避暑地イフランで休憩します。
車窓からの景色が、茶色から緑へと変わっていく、変化のある一日が楽しめます。【フェズ泊】

※フェズ発、マラケシュ着の逆周りも可能です。

【サハラ満喫4日間 】〜砂漠を満喫したい方に〜

1日目 マラケシュ〜アイト・ベン・八ドゥ〜ワルザザート(泊)
2日目 ワルザザート 〜 トドラ渓谷 〜 エルフード or メルズーガ(泊)
3日目 メルズーガ 〜 ベルベル人テントにて昼食 〜 オアシス(テント泊)
4日目 早起きをして朝日見鑑賞(オアシスにて) 〜 メルズーガ 〜 ミデルト 〜 フェズ

1 マラケシュを出発。ベルベル人の集落をみながらアトラス山脈を越え、一路、ワルザザートへ。
途中、世界遺産アイト・ベン・ハドゥの近くで昼食を取り、見学。その後ワルザザートへ。【ワルザザート泊】
2 ワルザザートよりエルフードへ向け出発 途中、カスバ街道を通り、トドラ渓谷にて昼食。
食後は、素晴らしい渓谷美を楽しみながら散策。エルフードに入り、サハラで取られた化石の工場などを見学。
宿泊はメルズーガにあるオーベルジュと呼ばれる砂漠の中にあるホテルに宿泊。【メルズーガ泊】
3 朝食後、ラクダに一日乗って砂漠のオアシスにあるベルベルテントへ。 
途中、ベルベル人のテントにて昼食。
夜は満天の星空、朝はサハラに上る朝日鑑賞をお楽しみください。【テント泊】
4 朝日を堪能後テントにて朝食。ラクダでメルズーガのオーベルジュへ。
シャワーを浴びて、フェズへ向け出発。ズィズ渓谷を通り、昼食はりんごの栽培で有名なミデルトにて昼食
午後は一路フェズへ。途中「モロッコのスイス」と呼ばれる避暑地イフランで休憩します。
車窓からの景色が、茶色から緑へと変わっていく、変化のある一日を楽しめます。【フェズ泊】

※フェズ発、マラケシュ着の逆周りも可能です。

「ベルベルテントに宿泊する際の注意点」
メルズーガのオーベルジュからオアシスのテントまで、コースは様々で、2時間くらい〜ほぼ一日(約5時間)ラクダに揺られて砂漠を行きます。
ご希望により、一部4輪駆動車での移動も可能です。
宿泊はあたり一面砂漠のところに設置されたテントにします。夕食、朝食はもちろん そこで用意しますので心配はありませんし、洗面台、簡易トイレ、簡易シャワー(水 のみ)もあります。ランプもありますので、夜も不自由はありません。

夜は暗いですが月明かり、星明りで周りはほんのり明るいです。
満天の星を楽しみ、朝は少し早起きしてサハラに昇る朝日を見ることができます。(気象状況によって見られない場合も有ります)

睡眠をとるテントにはベッドやマットレスが設置してあり、毛布等の準備もありますので寝袋などは必要ありません。
しかし冬場はかなり冷え込みますので防寒着をご用意ください。
テントに行くときの荷物は必要最低限で。必要ない荷物はオーベルジュで預かってくれます。
少し小さなバックなどに一つ、荷物をまとめて持って行きましょう。

次の日の朝は、朝日を見た後朝食をとり、ラクダでオーベルジュへ戻ります。所要時間は約2時間です。
オーベルジュへ戻ったら、そこでシャワーを使うことも出来ます。

お申し込み・お問い合わせはこちら